PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モグの今後

昼過ぎに
なんとか(笑)
義父母を無事、家に送り届けました

帰りの高速道路の出口が変わり
お義父さんの大好きな抜け道に出ることになり
案の定
あっちだこっちだの大騒ぎ
義母はなぜいつもの出口から出なかったのかと
家に着くまで騒いでいました(もうその出口はないのよ)

よくあれだけ騒がれて事故を起こさなかったと
自分を褒めたいです(笑)



さて
モグちゃんですが
今日は定期診察日で担当医の日でしたので
2015112402.jpg

土曜日のレントゲンとエコーの結果を
もう一度よく診てもらい
今後のことを相談しました

腫瘍
特に悪性の場合は
あっという間に大きくなるものも多いそうです
モグもこの2~3週間で6cmになったのではないかと

私もこの2~3週と言うか、この1週間で
変化があったのではないかと感じています

場所
土曜日には脾臓の腫瘍と言われましたが
モグの場合、特殊な肝臓でしたので
モグの肝臓に慣れている獣医師が視たら
肝臓の腫瘍と認識できたかもしれないとうことです

どこの場所でも変わりはないのですが
もし肝臓だとすれば
脾臓は数少ない健康な臓器ということになりますね

治療
モグがもっと若くてその他の臓器が健康であれば
即、手術
腫瘍を爆発前に見つけたあっぱれな飼い主さん
だったかもしれません

今はリスクが高すぎです
たとえ手術をしたとしても
爆発による失血死を免れるだけで
手術によって病気が治るわけではありません

その他の治療についても
リスクが高すぎる

今後
先生は本当によく診てくださっています

先生
モーグルさんはちょっと変わった性質(笑)
良かれと思ってやったことはすべて裏目に出る(笑)


そうなんです…
今まで色々と試したこともあったのですが
必ず具合が悪くなってしまい
あまり積極的な治療はしていないんです
それでも、生きてこれた不思議ちゃんなんです

先生
この生命力を支えているのは
希望のある生活とどんな時も希望を持てる性格
目の力がしゅごいんだな~


と言う事で
私との意見も一致しまして

このまま
今までどおり
楽しいお散歩中心の生活を続けることになりました

本当は散歩はあまり勧められないそうなんですが
なぜ許可がおりたかと言いますと・・・

「ベガちゃんの爆発現場にいた!!」
3人(ベガレヴィモグままズ)ならば
(私がいつも話すので先生もみんなのことを知っています)
動揺することなく対処できる
もしものことがあっても受け入れられる
という飼い主上級者の認定??(笑)
を頂いたからなんです!!

この「モグ爺爆発疑惑事件」をきっかけに
ますます結託してみんなのために頑張りたいので
よろしくね(強制的)


| 病院 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marymog.blog59.fc2.com/tb.php/767-30a7f8b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT